脳神経内科医によるブログです。自己学習として読んだ論文や、論文中で出た英単語を記録しています。

Clinical Reasoning:Heart to swallow (心臓から嚥下へ??)|神経内科の論文学習

2016年のClinical Reasoningです.Herat(心臓)とSwallow(嚥下)について,興味深い報告です. Clinical Reasoning: Heart to swallow Neurology. 2016 May 17;86(20):e210-4.

高ホモシステイン血症を伴う健忘型MCIに対するビタミンB12と葉酸投与|神経内科の論文学習

今回は,Journal of Clinical Neuroscienceより,"高ホモシステイン血症を伴う健忘型MCIに対するビタミンB12と葉酸投与"の論文を取り上げます. The effect of folate and VitB12 in the treatment of MCI patients with hyperhomocysteinemia. Journal of C…

頭部振戦を生じた低セルロプラスミン症例-Clinical Reasoning|神経内科の論文学習

Neurology-Clinical Reasoningの論文です.多くの先生は,「論文タイトルが非常にネタバレなのでは?」と思ってしまいますが……果たして最終的な診断は… 症例は25歳男性.18歳から不規則な頭部振戦が始まり増悪した.

研修生・神経非専門医向け神経診察時の実践的なtips|神経内科の論文学習

神経診察に関する論文です.神経研修生向けの診察手技Tipsのようですが,実際,ある程度神経に親しんだ医師にとっても役立つ無いようなのかな,と思いました. 今回は,その中でも個人的に「これは使ってみたい!」と思った手技を取り上げました. Tips for …

急性健忘症のレビュー|神経内科の論文学習

急性健忘症に関するレビュー論文です.一過性全健忘(TGA),一過性てんかん性健忘(TEA),脳卒中性健忘,解離性健忘,外傷後健忘(PTA),自己免疫性脳炎,アルコール関連健忘,Korsacoff-Wernicke症候群,中毒性/代謝性健忘 などの各論です.

2020年10月に読んだ論文の備忘録|神経内科の論文学習

神経内科医として勤務している中で,読んだ論文について載せていきます.今回,2020年10月に読んだ論文です.パーキンソン病の診断における迷走神経超音波検査,Sensory Ganglionopathy,パーキンソン病診断のための新規バイオマーカー:皮膚αシヌクレイン凝…

頭痛で発症し, うっ血乳頭を認めた症例|神経内科の論文学習

今回は,BMJ Practical neurology-Test yourselfより,頭痛で発症し, うっ血乳頭を認めた症例です.頭蓋内圧亢進症ではありますが,意外な原因を認めました.頭蓋内圧亢進症での診療で役立つ情報かと思います.

内側ハムストリング反射とL5神経根症|神経内科の論文学習

今回は,BMJ Practical neurologyより,内側ハムストリング反射についての論文です.ルーチンの診察としてはあまり行われていない反射ですが,L5神経根症を疑う症例で有用な腱反射のようです.ページ内では動画も紹介しています.

パーキンソン病の診断における迷走神経超音波検査の有用性|神経内科の論文学習

今回は,Parkinson’s Disease より,パーキンソン病症例と健常人で迷走神経超音波検査を比較した研究を取り上げます. 両群とも20例ずつで,頸部で迷走神経を計測し,左右平均迷走神経径とnarrower迷走神経径を記録し,2群で比較しています.

一過性全健忘1044例の後ろ向き研究(JAMA Neurology)|神経内科の論文学習

JAMA Neurologyより,一過性全健忘 1044例の後ろ向きコホート研究です.男性55.1%で平均年齢75歳.13.7%が一過性全健忘を再発しました.再発あり群と再発なし群での比較も行われています.

間欠性跛行に対するABI検査の精度|神経内科の論文学習

JAMA Diagnostic Test Interpretationより,間欠性跛行を生じた症例の問題です.安静時ABIは0.97で,運動負荷ABIは0.71です.次に何を行いますか?

10代発症の遺伝性失調症:症例提示/鑑別/診断|神経内科の論文学習

10代発症の遺伝性失調症:症例提示/鑑別/診断|神経内科の論文学習 Neurology Clinical Reasoningより,10代発症の失調症の症例です.症例提示から,鑑別疾患の考察,実際の検査,診断まで.

下垂足の局在診断に役立つ知識(Radiologyより)

神経内科医として下垂足は必須の知識ですが,苦慮することも多いです.下垂足の局在診断に役立つ知識や,解剖学的知識,MRI所見,局在ごとの検査結果などを,論文を元にまとめました.(Radiology 2018:MRI of Foot Drop: How We Do It)

医学論文を読むときに調べた英単語【英単語備忘録118】

【医学論文 英単語 備忘録118】神経内科として勤務中です。医学論文を読んでいる時に分からなくて調べた単語を載せていきます。intradural, laterally, immunofluorescence, expertise, decipher.

医学論文を読むときに調べた英単語【英単語備忘録117】

【医学論文 英単語 備忘録117】神経内科として勤務中です。医学論文を読んでいる時に分からなくて調べた単語を載せていきます。coupled with~, preferential, diathesis, entity , disruption.

医学論文を読むときに調べた英単語【英単語備忘録116】

【医学論文 英単語 備忘録116】神経内科として勤務中です。医学論文を読んでいる時に分からなくて調べた単語を載せていきます。obturator nerve, asaphenous nerve, evertors, circumference, adductor of the thigh

医学論文を読むときに調べた英単語【英単語備忘録115】

【医学論文 英単語 備忘録115】神経内科として勤務中です。医学論文を読んでいる時に分からなくて調べた単語を載せていきます。osteosynthetic arthroscopic surgery, provocation tests, confined to bed, plaster, anterior ramus(rami)

下垂足へのアプローチの仕方について (問診,診察,鑑別疾患)|神経内科の論文学習

下垂足の診療に悩むことがあります.本記事では,下垂足へのアプローチの仕方について取り上げます.文献に基づいて,下垂足での問診や診察のポイント,鑑別疾患などについてまとめました.下垂足の診療で役立つ内容になっています.

高齢で発症した両側下垂足の症例|神経内科の論文学習

高齢で発症した両側下垂足の症例. 緩徐進行性の両側下垂足で発症した.感覚症状はない.母にも両側下垂足がみられた.鑑別疾患は?どのような検査を行うべきか?(Neurology. 2020 Mar 3;94(9):405-409.)

医学論文を読むときに調べた英単語【英単語備忘録114】

【医学論文 英単語 備忘録114】神経内科として勤務中です。医学論文を読んでいる時に分からなくて調べた単語を載せていきます。liberalize, in turn, kyphosis, agreed, confident.

医学論文を読むときに調べた英単語【英単語備忘録113】

【医学論文 英単語 備忘録113】神経内科として勤務中です。医学論文を読んでいる時に分からなくて調べた単語を載せていきます。enquire, firearm , uncontrolled, sidewalk , contusion.

医学論文を読むときに調べた英単語【英単語備忘録112】

【医学論文 英単語 備忘録112】神経内科として勤務中です。医学論文を読んでいる時に分からなくて調べた単語を載せていきます。sinonasal, miliary, hilar, ancillary , erythema migrans.

医学論文を読むときに調べた英単語【英単語備忘録111】

【医学論文 英単語 備忘録111】神経内科として勤務中です。医学論文を読んでいる時に分からなくて調べた単語を載せていきます。variant, exemplify, dwelling, dropping , in the context of~.

医学論文を読むときに調べた英単語【英単語備忘録110】

【医学論文 英単語 備忘録110】神経内科として勤務中です。医学論文を読んでいる時に分からなくて調べた単語を載せていきます。in retrospect, premonitory, potent, witness account, infallible…

医学論文を読むときに調べた英単語【英単語備忘録109】

【医学論文 英単語 備忘録108】神経内科として勤務中です。医学論文を読んでいる時に分からなくて調べた単語を載せていきます。discrepancy, affordable, pragmatic, poverty, cochlear…

慢性髄膜炎のアプローチに関する備忘録|神経内科の論文学習

【慢性髄膜炎のアプローチに関する備忘録】慢性髄膜炎の定義,問診診察のポイント,鑑別疾患等について文献を元に調べました.

低Na血症と顔面上肢不随意運動の症例|神経内科の論文学習

【低Na血症と顔面上肢不随意運動の症例(MGH case)】倦怠感,左上肢と顔面の不随意運動などが見られた.血液検査では低ナトリウム血症を認めた.Naは改善したが,不随意運動は再燃した.診断は…?(N Engl J Med. 2020 May 14;382(20):1943-1950. より)

医学論文を読むときに調べた英単語【英単語備忘録108】

【医学論文 英単語 備忘録108】神経内科として勤務中です。医学論文を読んでいる時に分からなくて調べた単語を載せていきます。handheld, dynamometry, in combination with~, cross-sectional area, in short…

医学論文を読むときに調べた英単語【英単語備忘録107】

【医学論文 英単語 備忘録107】神経内科として勤務中です。医学論文を読んでいる時に分からなくて調べた単語を載せていきます。tinnitus, reflux, impede, hypophonia, explicitly…

医学論文を読むときに調べた英単語【英単語備忘録106】

【医学論文 英単語 備忘録105】神経内科として勤務中です。医学論文を読んでいる時に分からなくて調べた単語を載せていきます。preceding,proctitis,inferolateral,notable,keep pace,pursue,unify…