燃え尽き脳神経内科医の備忘録・学習記録

脳神経内科医によるブログです。論文を独り抄読会として載せていきます。論文を読む際に調べた英単語も記録しています。よろしければ御覧ください。

個人的にMendeleyとPapers(旧ReadCube)を比較しました

 少し前に新しいPapersを使用し始めたところですが,まもなくトライアル期間が終了します.
 使い始めた当初は満足していましたが,実際に使い続けてみると細かいところで使いにくいことがわかりました.
 そして,結局,Mendeleyに逆戻りしました(*_*)

 今回,MendeleyとPapersを色々と使い比べてみたので,覚書として残そうと思います.今後使われる方の参考になればと思います.

 

www.mendeley.com

 

www.papersapp.com

 

 

総じて言うと,

  • 無料で使いたい人 → Mendeley
  • リファレンス機能を使いたい人 → Papers
  • 特にこだわりがない人 →Mendeley

 

続きを読む

骨病変を伴うミオパチー(Clinical Reasoning)|神経内科の論文学習

 


Clinical Reasoning: Progressive proximal weakness in a 56-year-old man with bone pain

 Neurology. 2019 Nov 19;93(21):939-944.
 doi:10.1212/WNL.0000000000008535


 

n.neurology.org

 


 

Section 1(発症~転院)

症例 56歳 男性

現病歴

 上肢挙上困難で発症し,年単位で緩徐に進行した.
 1.5年前から骨痛と関節痛があり,徐々に悪化している.

既往歴・家族歴・生活歴

 COPDの既往がある.喫煙者で18歳から0.5箱/日の喫煙をしている.
 最近の予防接種歴はない.

家族歴

 神経疾患の家族歴はない.
 父は心臓発作で56歳のときに他界した.
 母は早期発症Alzheimer病に罹患している.

当初の診断

 当初はCIDPが考えられた.しかし,感覚症状が無く,腱反射も保たれていた.

 

検査結果

  • 血液検査軽度のALP上昇を認めた.CK,Aldolase,Ca は正常であった.炎症反応とリウマチ検査は陰性で,内分泌的異常は認めなかった.血清κとλ軽鎖は軽度上昇していたが,血清蛋白電気泳動は正常であった.
  • 脊椎造影MRIC4~7に硬化性変化を認めたが,それ以外は明らかな異常はなかった.
  • 脳MRI:正常.
  • 骨シンチ:頚椎,胸椎,腰椎で骨代謝亢進部を認め,左橈骨では不均一な硬化性・腰骨性変化を認めた.
      f:id:yukimukae:20191120204047p:plain
  • 胸腹骨盤部CT:悪性腫瘍は認めなかったが,胸部での脂肪萎縮を認めた.
  • PET:椎体で取り込み低下を認めた.

 確定診断に至らなかった.筋力低下は進行し,頻回に転倒するようになった.4ヶ月後に他院へ転院した.

Questions 

  1. 骨病変と筋力低下に関連性はあるか?
  2. どのように鑑別を進めるか?

 

続きを読む

アミロイドアンギオパチー(ちょっとだけ復習)|神経内科の論文学習

 頭痛,物忘れの精査として頭部MRIを撮った際に,時々,脳アミロイドアンギオパチーの所見を偶然認めることがあります.

 多くは無症状ですが,どんな疾患か確認のため文献を読んでみました.

 


Rapid Cognitive Decline and Recurrent Falls in a 71 Year-Old Man Due to Cerebral Amyloidangiopathy-Related Inflammation (CAA-RI).
 Geriatrics (Basel). 2019 Oct 2;4(4). pii: E56.
 doi: 10.3390/geriatrics4040056.



www.ncbi.nlm.nih.gov

 

 症例報告もありましたが,総説部分の要点のみ,まとめてみました.

 

  • 脳アミロイドアンギオパチー cerebral amyloid angiopathy(CAA)
    • CAAの概要
    • CAAの疫学
  • cerebral amyloid angiopathy-related inflammatio(CAA-RI)
    • CAA-RIの概要
    • CAA-RIの臨床徴候
    • CAA-RIの検査と診断
    • CAA-RIの治療
  • 感想

 

続きを読む

医学論文を読むときに調べた英単語【英単語備忘録84】

  1. last but not least 大事なことを言い忘れていたが

  2. comparatively 【副】比較的,多少とも

  3. doubt 【名】疑い 【動】~を疑問に思う(that~, why~)

  4. intensively 【副】激しく,強く

  5. intractable 【形】治療抵抗性の,難治性の(手に負えない)

  6. rheological 【形】流動学の

  7. superiority 【名】優位性

  8. contributory factor 要因,一因

  9. affinity 【名】親しみ,一体感

  10. elaborate 【形】精巧な (手の込んだ) 

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へにほんブログ村

 

 

www.neurology-memo.work